月別アーカイブ: 2016年12月

一人で編み物をする時に役立つ書類保管

一人で編み物をしていると、ハマナカや毛糸ピエロ等の、
毛糸のメーカーサイトからダウンロードして印刷した無料編み図が散らばってしまうことがあります。
A4の用紙に印刷するので、書類保管するのには、A4のクリアファイルやクリアフォルダーが欠かせません。
無色透明なタイプにすると、ファイルから出さなくても、そのまま確認しながらできますし、
メモが必要な場合は、すぐに出し入れできるので、編み物を中断することもなく、一人でも造作なくできます。
不意の来客や電話などがあった場合は、付箋を貼り付けて、
すぐに分かるように目印を付けておけば、迷うこともありません。
近頃では、差し替え可能なクリアファイルも手に入るようになったので、
すぐ使いたいものは最初の方に保管しておくようにでき、編み図の整理整頓も楽になっています。

カラコン乱視用のおかげで編み物人口増加?

洋裁や編み物、ハワイアンキルトなど、お裁縫好きの人なら
一度ははまったことがあるのではないでしょうか?
ハワイアンキルトや編み物教室はあちこちでみかけますし、
百貨店での展示会も定期的に行われていたりしますよね。
私は近頃編み物関係の展示やサロンなどに行っていますが、
都内の教室は意外と若い人も多いんです。
先日はカラコンをした10代後半の女の子がお友達同士で教室に来ていました。
その子が言うにはカラコン乱視用があるから編み物ができるようになったそうです。