横浜で外構工事をDIY!駐車場の作り方

アスファルトを利用する外構工事はDIYでも比較的簡単です

横浜にお住いの方が、自宅の敷地内に駐車場を作ろうとして、外構工事をDIYでチャレンジしたいと考える方もいるのではないでしょうか。専門会社に依頼すると短時間で高品質な仕上がりを実現できますが、経費節約を希望した場合は、DIYでアスファルトに施工する方法であれば比較的簡単に駐車場を整備できます。アスファルトは通常であれば専門会社を通じて購入したものを施工してもらう方法ですが、横浜やその近隣で営業をしているホームセンターでは、DIY用のアスファルト材を販売しています。
駐車場は車1台分でもかなりのキロ数を必要とします。外構工事で用いる場合は20キロ入り袋のアスファルトを大量買いする必要性があるので、横浜で営業するホームセンターの中でも、搬送用の軽トラックの貸し出しサービスを行っている店舗の利用が最適です。アスファルトの場合、地面を整える時と施工する際にはハンドタンパーは欠かせない道具です。同時に購入する方法と横浜市のホームセンターでは貸し出しサービスを行う店舗もあるので、DIYでの外構工事はお金を最小限にして駐車場整備を行えます。

コンクリートを用いる方法とレンガを用いる外構工事

駐車場の整備用に、横浜で外構工事をDIYで作業する場合、アスファルト以外にもコンクリートを活用する方法があり、レンガを併用する方法でも作業は行えます。整備する範囲にコンクリートを流し込む際には、必ず枠を作ることは欠かせません。木枠を作成すると簡単に済ませることができ、地面を整地した上で砂利を一定の厚みに敷いてから外構工事を進める方法が一般的です。
砂利の上からハンドタンパーで圧着を行い、その上にコンクリートを流し込む作業ですが、一気に大量にDIYで作り出すことは難しい作業になるので、ある程度大き目のプラスチック容器と、水と練り合わせる際のスコップがあれば作業効率を上げることができます。コンクリートの場合は専用の͡コテも必要です。表面を滑らかにする工程が必要になるので、左官作業を行う動画等を事前にチェックしておくと安心です。レンガを敷き詰める際にも、地面とレンガの隙間部分の目地にコンクリートを用いる方法も外構工事の駐車場DIYでは定番化しています。こちらもレンガを綺麗に並べることさえできれば綺麗に仕上げることはできます。

まとめ

横浜で駐車場整備のために外構工事を行う場合、アスファルトやコンクリート、レンガを利用するとDIYでも施工は不可能ではありません。ただし、自動車1台分の敷地面積でもかなりの量の資材は必要とするので、横浜や近隣のホームセンターで貸し出し用の軽トラックがあるお店を利用すると搬入に困ることも無くなります。ハンドタンパーやコテなどが必須用具になり、他には容器やスコップ、ゴム製手袋、位置や高さを狂わせないための糸もあれば完璧です。

横浜の街になじむ!タイルを使って外構工事を簡単DIY

タイルを使ってDIYをする方法

おしゃれな横浜の街には、おしゃれな家が似合いますよね。家の中をおしゃれにして自分の気分をあげるのもいいですが、人目に付きやすい庭の外構工事をして、より横浜の街に馴染む家を仕上げていきたいという方も多いのではないでしょうか。今ある庭に外構工事をしておしゃれに仕上げたいのであれば、タイルを使って簡単DIYをするのがおすすめです。
タイルと一言で言っても色々と種類がありますが、中には砂利や砂などをならしてタイルを敷き詰めるだけでDIYできるタイプのものや、タイルがシートタイプになっているものもあります。誰でも置くだけで横浜の街になじむ庭の外構工事をすることが出来るので、やってみることをおすすめします。またタイルに加えて、人工芝やウッドデッキに見えるパネルなどを置くと、さらにおしゃれ感がアップします。外構工事と聞くと難しい気がしますが、ひと手間で今の庭がガラッと変貌できるかもしれないので、一度自分でやってみることを検討してみて下さい。

プロに頼むのがおすすめ!

敷くだけで簡単にDIYが出来るタイプのタイルは、費用も安く本当に簡単に外構工事をすることが出来るのでとてもおすすめですが、より仕上がりにこだわるという方は業者にお願いするのがおすすめです。
もちろんDIYに比べて費用は高くなる可能性がありますが、敷くだけのタイプと比べると仕上がりは格段にキレイですし、より横浜の街になじむ上品で高級な印象が作れます。横浜にもたくさんの外構工事業者があるので、自分のイメージの仕上がりをいくつかの業者に相談してみることで、どこがお得な費用で工事をしてくれるのか、イメージ通り仕上げられるのはどこなのかまで検討することが出来ます。
さらに業者によってはアフターメンテナンスまで行ってくれる場合もあります。キレイに仕上げるだけでなく、その仕上がりを保てなくては意味がないので、プロに頼めばその点も安心できます。一言で外構工事と言っても、仕上がりにこだわりたいという方は、プロに頼んでみることがおすすめです。

まとめ

庭というのは、その家の顔とも言えます。内装にこだわってもそう簡単に人に見られることはありませんが、庭は人目に付きますし、せっかくおしゃれな横浜という街にマイホームを持つなら、おしゃれな庭を仕上げておきたいですよね。外構工事がしたいという方は、簡単にDIYできるタイルを使って自分でしあげるのか、プロにお願いしてやってもらうのかを検討してみることをおすすめします。無駄な材料や道具をそろえる必要がないので、かえってDIYするよりプロに頼んだ方が費用が安く済む場合もあるかもしれませんよ。

横浜で外構工事をDIY!フェンスの作り方

DIYでフェンスを作る場合の基礎

横浜でフェンスの外構工事を考える場合、DIYで作ると言う手があります。その場合に大切になるのが基礎の部分です。フェンスを作る場合には、倒れてこないよう、基礎部分の外構工事がきちんとされなければなりません。横浜は海もあり山坂も多いため、風が強い場所もあります。ご自分が住む場所の特性やフェンスの材料をよく考えたうえで、見合った基礎の外構工事を行うことが大切です。
通常、フェンスを立てる場合は、コンクリートブロックで基礎部分を作成し、フェンスの柱と基礎はモルタルで固定します。また、ブロック塀を何段か積み上げて、その上にフェンスを立てるということもできますが、方法として簡単なのは前者です。さらにブロックなどが見えないよう、地面を掘ってコンクリートブロックをある程度埋め込んで、ブロックに開いた穴の部分にフェンスを固定する選択肢もあります。いずれの材料も横浜のホームセンターで購入することが可能です。

フェンスの材質や取り付け方法

横浜でフェンスをDIYで外構工事したいと思う人は、手早くおしゃれに仕上げたいと考えるものですが、特にDIYで手軽に扱えるのが「ラティス」です。ラティスは木製の柵で家庭菜園などで使用される格子状のものを言います。風通しが良いため、強固な基礎の外構工事が必要ないのがメリットです。
ラティスはホームセンターなどでカットをお願いしたほうがきれいに仕上げることができます。基礎部分の工事が済んでから、採寸通りにカットしたラティスを立てますが、フェンスを固定するための支柱をコンクリートブロックの穴に差し込んで、セメントを流し込んでおきます。セメントが固まるまでの間を利用して、フェンスが木材であれば防腐処理のための塗料を塗っておきます。そして塗料が乾いたら、フェンスを支柱に固定してゆきます。これらの作業手順はアルミなど他の材質のフェンスでも同様です。
また、すでにメッシュフェンスなどがある場合には基礎の外構工事をせずに、既存のフェンスに取り付けることも可能です。

まとめ

横浜でフェンスの外構工事を考えている人は、DIYでも可能なため、検討してみるとよいでしょう。ご自分の住まいがある場所の気候の特性やフェンスの材質などを考えて、フェンスが倒れてこないような基礎工事を行うことが大切です。特にフェンスをDIYする場合に手軽に扱えるのはラティスです。木製のラティスはホームセンターなどでも必要寸法にカットしてもらえますし、風通しが良いため、大掛かりな基礎工事が必要ない点がメリットと言えます。

横浜で外構工事をDIY!アプローチの作り方

横浜でチャレンジするDIYでのアプローチの資材は豊富です

横浜にお住いの方で、戸建て住宅に住んでいる方は、道路から玄関までのアプローチをDIYで外構工事を行うことにチャレンジしようと考える方もいます。大型ホームセンターを利用すると、外構工事で必要な資材や道具類は購入することができ、非常に種類が豊富なことに気付くものではないでしょうか。DIYで施工する範囲では、アスファルトは不向きです。簡易式のタイプは存在しますが、専門会社の場合は仕上げに高熱で圧着する機器を用いますが、DIYでは不可能といっても過言ではありません。
舗装をメインに考えた場合、コンクリートを選べば外構工事は意外と簡単です。施工面積に合わせた量のコンクリートを購入する方法ですが、既に混合されていて水を混ぜるだけで直ぐに施工可能な商品を購入すると、砂と砂利の混合作業を省けます。横浜の住宅であれば、おしゃれに仕上げたいと考えることも普通のことです。コンクリートをそのまま使用すると当然ながら色は灰色です。着色用の粉末を用いる方法と、完全に硬化した後に塗料で色を付ける方法もあり、好みに合わせたアプローチの色に変えられます。

レンガ等を利用する外構工事もDIYで作業はできます

横浜の戸建て住宅のアプローチ作りをDIYで行う際には、コンクリートをベースにする方法が最も簡単ですが、レンガや敷石を用いてアレンジを加える方法もおしゃれ感を発揮させられます。レンガや敷石の場合は地面用の場合は厚みがあり耐久性に優れているので、地面を掘る作業は欠かせません。施工後に全ての面が平らになるように糸を張って高さ合わせと位置決めを行うテクニックが有効です。レンガを任意の位置に置いてゴム製ハンマーで叩いて圧着してから、目地をコンクリートやモルタルで埋める方法で完成させられます。
外構工事の中でもアプローチは非常に目立つ部分になるので、選ぶ素材の種類や並べ方などを事前にしっかりとデザインした上で施工することも欠かせない作業です。アレンジを更に加える場合は、複数のレンガを組み合わせたり、敷石を組み合わせる方法もあり、隙間部分は全てコンクリートを流し込む方法で綺麗な外構工事を済ませられます。

まとめ

横浜の住宅のアプローチをDIYで外構工事する際には、用いる資材はコンクリートやモルタルなどを利用すると作業は素人でも簡単です。着色もでき塗料を塗る方法もあり、好みに合わせて色を変えられますが、シンプルなアプローチではなくレンガや敷石を併用してアレンジする方法も素敵な仕上がりにすることができます。用いる道具類はタンパーやゴムハンマー、左官コテ、高さ合わせや位置決め用の糸があれば難しい作業ではありません。仕上げにトップコートを全体に塗る方法もあり、綺麗な状態を長く保つことも可能です。